【マルタのイベント】夜中のお祭り『ノッテビアンカ』とは?

By留学生ママ

昨日のマルタは【ノッテビアンカ】というお祭りで賑わっていました。


参考:ノッテビアンカとは


ノッテビアンカ(Notte Bianca)とは、
【白夜】という意味です。
参考URLを見て頂いても分かるように、

開催時間は【夜】です。


街中には豪華な装飾(旗やライトアップ)、パレードの生演奏、チャペルの無料開放…と、イベントが盛り沢山で、
街全体が楽しい空気に包まれていました!




私達家族も、
しっかりとシエスタ(お昼寝)してから
この夜のお祭りに行ったので、
子連れとは思えない時間まで遊んでしまいました😅


ちなみに、
この記事を書いていた時間は0:00です。


何をしていたかというと、
お祭りの後、帰りのフェリーを待っていました…😑💦

2時間も…!!!!


私達が住んでいるのはスリマ(Sliema)という地区で、お祭りが行われていたのはマルタの首都ヴァレッタ(Valletta)です。


地図を見ると分かりやすいですが、
コの字型の地形の為、
バスでグルグル~と周ると20~30分かかる距離ですが、フェリーで海を渡ると5~6分で帰れるのです。


参考:フェリー公式HP


マルタは小さな国なので、
『お祭りとはいえ、そこまで混まないでしょ!!』
と甘く見ていました。


『もう23:30だし、娘も寝ちゃったし、そろそろ帰ろうか』


そして、フェリー乗り場に行くと、
見たことのない長蛇の列!!


フェリーは、お祭りに合わせて、2:00AMまで稼働するとのことですが、
その間隔が…30分間隔!!


就寝中の12キロの娘を抱っこして、
海風にビュービュー当たりながら、
ひたすらフェリーを待つ私達…



最高のシチュエーションでした 笑



🛳1本目のフェリー(0:00)
→もちろん乗れない


🛳2本目のフェリー(0:30)
→やはり乗れないが、次で乗れそうなので、もう少し頑張る


🛳3本目のフェリー(1:00)
→目の前あと数名のところでストップがかかり、乗れない…


『オーマイゴーーー!』

列の前後にいた皆で叫びました笑


そんな中、
私達のすぐ後ろに並んでいた50代くらいのご夫婦が、声をかけてくれました。

『列を抜けていいから少し座って来たら?』


優しいお言葉に甘えて、
椅子で少し休むことが出来ました。


途中酔っ払いに絡まれたりして困っている時も、その優しい男性が上手く追い払ってくれました。


🛳4本目のフェリー(1:30)
→やっと乗れた😭


ご夫婦と近くの席に座ると、
『去年日本に行ったのよ』
と言って、浅草やスカイツリーや京都の観光写真を見せてくれました。


マルタ人(マルチーズ)であること、
25歳と22歳の娘がいること、
ノッテビアンカは毎年楽しみにしているお祭りであること、
などなど色々お話してくれました。


そして、
『車持ってる?無いならフェリー乗り場から家まで送ってあげるよ。抱っこしたままで大変でしょう』


そう言って、フェリーを降りた後、私達を駐車場まで連れて行ってくれました。


『この車だよ』 ←ピカピカの白いアウディ。

なぜかピカピカのアウディにお世話になることが多い私達。笑

観光客に優しくしてお金を巻き上げる詐欺のような事件の話も聞きますが、
このご夫婦は優しさの塊で出来ていると確信した私達は、ありがたく車に乗せて頂きました。


スリマのフェリー乗り場から、
私達の住むフラットまでは徒歩15分ほど。

マルタは坂と階段だらけなので、
子供を抱っこして徒歩移動するのは、
トレーニングの域なのです。

フェリー待ちで疲れ切っていた私達は、
無事に家まで送って頂いて本当に助かりました。


『マルタで友達は出来た?困った事があったら遠慮なく電話していいよ!番号言うからメモって』


優しすぎて泣けてきます。


この感謝の気持ちを何と表現したら良いのか…

Thank you so much.
How can I express my feelings...

これが限界でしたが、
何度もお礼を言ってお別れしました。



本当はこう伝えたかった!👇

I cannot express enough my feelings of appreciation.
感謝の気持ちを表しきれないです!(Weblioより)


連絡先も交換出来たので、
是非今度お食事をご一緒したいと思います。


1日の後味が良いだけで、
フェリー待ちの疲れなんて吹き飛びます。



しかし、次回からは、
もっと早く帰ろう。


⬇️応援(クリック)お願い致します⬇️


マルタ留学ランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村




-------------------
プロフィール
-------------------

【夫】30歳/送別会太りをなんとか解消してマルタでなんとかモテたい

【妻】30歳/暇さえあれば家中の不用品を売り捌く錬金術師

【娘】2歳/保育園では委員長キャラ。だけど特技は白目とペッパーくんのモノマネ


#親子留学 #家族留学 #子連れ留学 #バイリンガル子育て #マルタ留学 #ヨーロッパ #マルタ #留学 #イギリス英語
関連記事


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply