【子連れイタリア旅行】大人も子供も楽しめる旅のヒント

By留学生ママ

マルタに親子留学中のはずが、
なんでイタリアの記事なんだよ!!

と思われるかもしれませんが、

1週間のイタリア旅行(ベネチア、フィレンツェ、ピサ、ローマ)に行ってきた為、
小さな子連れでもイタリア旅行を楽しむ方法を記録します。




目指したのは、
【娘を連れまわす旅行】ではなく、
【娘の記憶に残る旅行】です。


自分自身も2~3歳の記憶なんて、
殆ど残っていないですが、
何か強烈に怖かったり楽しかったりした事だけは断片的に覚えています。


娘が大きくなってから、
『あれ?!ここ行ったことあるかも!!』
と、一瞬でも思い出してくれたら嬉しいなぁ~と。


とはいえ旅行に行く前は、

大荷物で移動が多くて大変かな~。
自力で階段登る系の観光は無理だな~。

と多少は気になるポイントがありました。


その不安を払拭したのが、下記のポイントです。


荷物は最小限にしてバックパックのみ




必要なのはコレだけ👇
・下着&靴下
・娘の着替え数枚
・オムツ数枚(1~2日分)
・水とクッキーとシール

雨が降ったら現地で傘買う!
寒かったら現地で上着買う!
オムツは現地に着いたら初日に買う!

...と割り切ると、
かなり荷物を削減できます。

子供を抱っこすることを想定した荷物量にすると、気持ちも身体もラクです!



オムツは旅先で【テープタイプ】を買う




オムツは、上述の通り荷物を減らすことを優先して旅先で買うのがオススメです。


ヨーロッパはテープタイプが主流で、
小さなスーパーだとテープタイプしか売っていません。

大きなスーパーでも、テープタイプの品揃えは1~2割と控えめです。


一人で立てる子供なら、パンツタイプのほうがラクなのに、なんなんだよ!!

と怒っていたところ、
イタリア旅行中に理由がわかりました。


トイレ事情の為でした!



①オムツ替えスペースがほとんど無い
②トイレの個室が狭いor汚い
③便座やフタがない

→①と②は、まだ我慢できますが、③が致命的です。

トイレにフタがあれば、最悪フタを閉めてその上でオムツ替えが出来ますが、

もはや靴を脱がせて立たせる場所が無い…

そこでテープタイプの出番です!
靴を履いたまま、ズボンを半脱がせ状態でオムツ替え出来る!

久々のテープタイプに、娘も何故か喜ぶw
一石二鳥でした!



しかし、男女兼用なのに便座の無いトイレにはビックリしました。

日本のトイレって、進んでますね。
暖かい便座、ウォシュレット、自動閉会するフタ、離れると自動で流れる、音姫付いてる、除菌シュッシュが付いてる…

至れり尽くせりです。



移動中はクッキーとステッカーを持って



今回の旅では、飛行機と電車が主な移動手段でした。
それぞれ所要時間は1時間半~2時間ほど。

日本からマルタに来る時に、
10時間を超えるフライトを乗り越えた経験があったので、気持ち的には余裕がありました。

それでも、2時間限られた空間で子供のご機嫌を保つには武器が必要ですよね。


我が家の武器は、
お腹が空いたらクッキー、遊びたい時はステッカーです。

動物のステッカーを5本の指先に貼って、指人形のように一緒にお話を考えるのが娘大興奮の遊び方です。

ステッカーを張り替えると、登場人物(登場動物?)がコロコロ変わるので、長時間飽きずに楽しめます。



ステッカーなら荷物にならないし、
座席の荷物入れの網にスッと差しておけるので便利です。


さらに別の使い道があります。
我が家では、このステッカーを『お利口さんシール✨』と呼んでいて、
たくさん歩いたり、教会の中で静かにできたり、お利口さんだった時にお洋服に1枚貼ってあげています。


このように頼りまくっているので、
ステッカーの在庫が減って来ると、ソワソワしますw



観光客向けの乗り物に乗りまくる


バスや電車での長距離移動は大嫌いな娘。
長時間揺れると酔うのが嫌だそうです。

ただし移動目的でない乗り物は大好きなので、これを最大限活用しました。


◾️ベネチア
→言わずと知れたゴンドラに乗って街を観光。

ただし、30分あたり80€(1万円)というキャバクラ並みの値段設定!!

娘がアンコールするので2回も乗ることになりましたが、ゴンドリエーレのお兄さんがイケメンだったので、娘も私も気分上々でした笑


◾️フィレンツェ
→ドゥオモの近くのレプッブリカ広場にあるメリーゴーランドを乗り倒す。

こちらは子供1€ 大人2€という良心的な価格設定。

子供の『もう一回!!』は、
ちょっと困るけど可愛いおねだりです。

日中だけでなく、夜もオススメです。
ライトアップしていてインスタ映えします笑


◾️ピサ
観光用の馬車に乗る。
浅草の人力車みたいな感じで、ピサでなくてもフィレンツェでもローマでもどこでもお馬さんがパカパカ走っています。

30分で40€(5000円)です。
ベネチアのゴンドラの半額なので、お安く感じます!笑


これの良いところは、
娘が楽しめるだけでなく、観光名所の説明をしてくれるのでリスニングやスピーキングの練習になることです。

ピサの観光名所なんて、ピサの斜塔以外知らなかったので、
馬車での観光ツアーはなかなか興味深かったです。

相場が安いからこの辺は大学が多いぜ~、
ガリレオが実験していた家だぜ~、
メディチ家は超金持ちだったんだぜ~、
と色々教えてくれて勉強になりました。



娘に写真を撮ってもらう

なんでも自分でやりたい2歳さん。

観光名所を背景にして、
私達のツーショット写真を沢山撮ってくれました。



おチビさんが、
パパとママの写真を一生懸命撮っている。

シャシャシャシャシャシャシャシャ!!!と100枚を超える連写の音。



この姿が結構可愛いのです。



『ツーショット撮りたいなら、私が撮りましょうか?笑』

『お嬢さんのお写真撮って良いですか?』

と、度々声をかけられました。


3日目になると、
小さいカメラマンさんの写真の腕も上達してきて、フレーム内にちゃんと私達が収まるようになりました。


本人も鼻高々です。


子供の目線だとこんな風に見えてるんだなぁ~なんて少し感慨深かったりします。



最小限の荷物と、負担のないフライト時間でヨーロッパを旅行できるのがマルタ滞在のひとつのメリットなので、
ビザがおりたらまた次の旅行先を考えます✈️



⬇️応援(クリック)お願い致します⬇️


マルタ留学ランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村




-------------------
プロフィール
-------------------

【夫】30歳/送別会太りをなんとか解消してマルタでなんとかモテたい

【妻】30歳/暇さえあれば家中の不用品を売り捌く錬金術師

【娘】2歳/保育園では委員長キャラ。だけど特技は白目とペッパーくんのモノマネ


#親子留学 #家族留学 #子連れ留学 #バイリンガル子育て #マルタ留学 #ヨーロッパ #マルタ #留学 #保育園






関連記事


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply