マルタ共和国で学生ビザ申請!必要書類、申請費用、注意点は?

By留学生ママ

マルタ共和国で学生ビザを取得する為の必要書類、申請費用、注意点についての情報です。



マルタ共和国のビザの基本情報




【1】マルタに 91 日以上滞在する場合、滞在許可証(=ビザ)の申請が必要。
→90日以内の滞在であれば、ビザの申請は不要です。ただし、パスポートの期限だけは注意しましょう。


【2】マルタの場合、日本での事前取得は出来ない。シェンゲン圏内の滞在が 40 日を超えてからマルタ移民局にて申請。
→ いざマルタに行ってから『書類不備』と言われてしまった場合、大変なことになります。日本で本人しか取れない書類の不備があったら、そのためだけに一時帰国しないといけません。


【3】留学生は学生ビザを申請。親子の場合は子供のための親子ビザが必要。
→...と言われていたので、親子ビザの書類を必死に集めてマルタに来ましたが、結果的には娘も幼稚園の『生徒』なので、娘も学生ビザの申請で良いことになりました。


【4】マルタの場合、必要書類が日々変更され担当者により判断が異なる為、何度も申請に行かなければならない現状。
→全く同じ条件の留学生でも、ある人はサクッとビザがおりて、またある人は2ヶ月以上待ってもビザがおりない、ということがマルタではあり得ます。

通常は、4週間後にビザを申請したイミグレーションオフィスに行けば、ビザをゲット出来ます。


マルタ共和国の学生ビザの必要書類


※必要書類や条件は、今後変更になる可能性があるので、必ずエージェントや語学学校スタッフを通して、現地の最新情報を得てからマルタ留学へ出発して下さい。

【必要書類 1 】海外で引出しが出来る本人名義の銀行口座「残高証明書」と「キャシュカードの引出し控え」と「キャッシュカードの表面のコピー」
※ユーロ建て&全て英語表記
※銀行の印鑑(社判)と担当者サイン
※原本が必要
※残高は EUR25×人数×滞在日数以上
※マルタの ATM で引出しを行ってレシートを提出
※カードのコピーについては、ビザ申請時の担当者によって必要可否が異なる


【必要書類 2】マルタで使えるクレジットカードの「利用控え」と「クレジットカードの表面のコピー」
※マルタでクレジットカードを使用し、その利用控えを提出
※カードのコピーについては、ビザ申請時の担当者によって必要可否が異なる


【必要書類 3】海外旅行傷害保険の保険証券と英文約款
※必ず病気と怪我の両方補償
※補償期間は 日本到着予定日まで
※保険証券に保険会社名、補償額、全て英語表記
※保険額はユーロ建て表記
※保険証券のコピーを提出し、原本は確認として提示
※保険約款の英文訳(担当者によって必要)


【必要書類 4】 帰路航空券(E チケット)
→1年間の長期滞在の為、最初から一年先の航空券をおさえることができず、マルタ到着後に復路便の日程変更をかけました。
ブリティッシュエアウェイズは変更手数料が無料なのですが、マルタ航空は変更手数料が約2万円(50ユーロ×3人分)かかりました。


【必要書類 5】 パスポート用写真 2 枚
→実際の申請時には、これとは別にもう一枚移民局内で写真を撮られました。
娘は撮られず。(←事前準備したパスポート用写真を、移民局内でコピーしていました)

それなら、最初からパスポート写真3枚準備させたら良いのでは...


【必要書類 6】学校からのレター(通学証明)
※学生である事の証明書(期間明記)
※語学学校側が準備してくれます


【必要書類 7】滞在先証明書
※住所の証明書
※語学学校側が準備してくれます


【必要書類 8】マルタの語学学校への支払い証明 (レシート)
※語学学校側が準備してくれます


【必要書類9】パスポート全ページのコピー
→日本発マルタ着のスタンプのページも必要なので、マルタ入国後にコピーします。
文房具店で4~5ユーロで全ページ分のコピーが出来ますが、学校の受付で相談すると、無料で対応してくれました。



マルタ共和国の学生ビザの申請費用


マルタ学生ビザの申請料は、66ユーロ(1人当たり)です。
→実際に申請しましたが、2歳の娘はなぜか無料でした。その為、娘の分だけビザの引換えレシートが発行されないので、少し心もとなかったです。


申請から4週間後、無事に家族3人とも1年間の長期滞在用の学生ビザをゲット出来ました。


実際の申請時には、
ビザのアプリケーションフォームがあるので、語学学校のビザ担当の方と一緒に確認しながら埋めていきました。
両面2枚程度ですが、20~30分かかります。


また、学生ビザ申請には不要なはずですが、親子ビザ申請書類として持参した【子供の出生証明(英文翻訳バージョン)】は何故か提出させられました。

これも、ビザ申請時の窓口担当者による揺らぎのひとつですね。
親子留学の方は、親子の血縁関係を示す公的書類を、専門業者に英文翻訳してもらった証明書を準備しておくことをオススメします。


ビザ申請の注意点


申請期間中は、マルタ共和国から出る事や再入国が出来ません!!


マルタでの学生ビザ申請期間は通常4週間です。

親子ビザやワーキングビザの場合は、3ヶ月以上かかると言われています。
私達の場合は、結果的には親子ビザではなく、学生ビザ×3人分の申請をしたので、ぴったり4週間でビザがおりました。

▼参考記事
【親子留学準備】マルタの親子ビザ申請時に必要な書類まとめ


また、ビザ申請期間中は100%マルタから入出国不可能かと言うと例外もあります。
過去に、ビザ申請期間中にご家族にご不幸があって緊急一時帰国が必要となってしまった日本人留学生がいました。
イミグレーションオフィスにその旨を伝えた上でパスポートを一時返却してもらい、無事に一時帰国出来ていました。



ビザ申請中で海外旅行に行けない期間は、是非マルタ観光を楽しみましょう!!

小さな国ですが、マルタの中だって色々な観光地があって面白いです。美味しいマルタ料理レストランを巡るのも良いですよね。

▼参考記事
マルタ人がオススメする本当に美味しいマルタ料理レストラン5選


まとめ


以上が、マルタ共和国での学生ビザ申請に必要な情報のまとめでした。

私達の場合、マルタでの長期親子留学の前例が無かった為、ビザ関連だけは本当に気を揉みました。

公的書類を取りに行く度に『それはここではとれない。○○へ行け。』と、お役所間で何度もたらい回しに合いました。
エージェントは、特にビザ書類チェック等はしてくれず、現地到着後に学校のビザ担当者に確認するように促されました。

真の情報が不足していて私自身が困った経験があったので、今回ビザに関する情報は細かく記載しています。

ただ、細かく記載するほど、今後条件や必要書類が変更になった場合、ブログの情報が更新出来ていない可能性もあります。

当ブログの情報だけでなく、必ず留学エージェントや語学学校など、然るべきところに最新情報を確認して下さい。



皆さんのビザがスムーズにおりますように!!


▼参考になりましたら、応援(クリック)お願いします!

マルタ留学ランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村


プロフィール

【夫】30歳/マルタの坂と階段のおかげで送別会太りを着々と解消中。今欲しいものはワイルドなもみあげ。

【妻】30歳/イタリア人女性のキリッとしたメイクに憧れるも全く似合わず方向性を見失う。今欲しいものは谷間。

【娘】2歳/好きな食べ物はペンネ。好きな言葉はSay sorry. 今欲しいものはアンパンマンのネックレス。
関連記事


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply