【完全版】マルタ親子留学経験者が教える本当に必要な持ち物リスト(印刷可)

By留学生ママ

マルタ留学・親子留学に必要な持ち物リストです。
絶対に必要な必需品から、マルタならではのオススメ便利グッズまで、経験者視点でご紹介します!



【印刷用】持ち物チェックリスト



▼ボタンをクリックすると、持ち物リストのダウンロード&印刷が出来ます。

Download

※実際にマルタ親子留学生活中に感じた過不足情報についても、随時リスト更新しています。


荷物は必要最低限が鉄則




荷物は少ないに越した事はありませんが、マルタ生活に必要なもの・便利なものは、最低限網羅したいですよね。

事前に情報を隈なくリサーチして作り上げた持ち物リストなので、実際にマルタに来てから困ったことはほぼありません。


今回は、成果物(=持ち物リスト)だけでなく、プロセス(=持ち物リストの作り方)についても記載しますので、ご自身の留学プランや生活基準に合ったリストへカスタマイズしてご活用ください。


滞在先フラットの標準装備を確認


マルタでは、家具付きシェアフラットがメジャーです。
持ち物が重複しないように事前によくエージェントに確認しましょう。

マルタの語学学校が所有しているシェアフラットでは、下記が一般的な標準装備です。

✔︎家具家電(ベッド、洗濯機、扇風機)

✔︎食器(お皿、コップ、カトラリー)

✔︎調理器具(鍋、フライパン、ケトル)

✔︎リネン(ベッドリネン、タオル類)

✔︎掃除用具(モップ、トイレ掃除用具)


荷物はハンドキャリー?事前配送?


親子留学や長期留学の場合、どうしても荷物が多くなります。

全てを自力でマルタにハンドキャリーするのは無理があるので、【ハンドキャリーする荷物】【事前にマルタへ配送する荷物】に分けることをオススメします。


【目安】
・到着後1ヶ月以内に使う物▶︎ハンドキャリー
・到着後1ヶ月以降に使う物▶︎マルタへ事前配送


配送する場合の宛先は、住所が確定していればフラットに直接送るのが理想的です。
ただし、海外への荷物配送は到着までのリードタイムが読めません。万一、荷物が自分達よりも早く到着してしまうと迷惑がかかる可能性があるのでご注意下さい。

自分達が現地に到着した時に、既にマルタに荷物を届けておきたい場合は、現地の語学学校や留学エージェントの現地オフィス宛に送ることも出来るので、相談してみて下さい。


マルタ親子留学の持ち物(ハンドキャリー編)

持ち物リスト(ハンドキャリー編)

▼優先順位順
・パスポート(コピーも)
・フライトチケット
・ビザ書類一式
・海外留学保険書類(コピーも)
・現金、カード類
・iPhone (SIMフリー)
・オムツ(2パック分)
・お尻拭き(4~5個)
・サニタリー黒ポリ袋(オムツ捨てる袋)
・ノートPC
・外付ハードディスク
・カメラ
☆電源変換プラグ(マルタはBF型)
・変圧器用のタコ足
・各種充電器
・子供の着替え
・大人の着替え
・パジャマ
・水着
・靴(各1足ずつ)
・常備薬(保湿クリーム、絆創膏含む)
・のど飴
・日焼け止め
・サングラス
・帽子
・折りたたみ傘
・歯ブラシ、コスメ、ナプキン
・パーティ用の綺麗めな服
★パーティ用の浴衣
・オモチャ、DVD
・ジップロック
★洗濯ネット
・ポケットティッシュ(←多めに)
・爪切り、ガーゼ
★耳かき
・お出汁、緑茶、カレールー、コンソメ
★お箸、さいばし
★計量カップ
★トイレ座面カバー(温座では無い為)
★プチギフト(日本食や折り紙)
・子供用の歯磨き粉(慣れた味のもの)
・英語の学習本数冊
・マリンシューズ(足の裏のケガ防止)


★マークは、マルタで手に入りにくい物。

☆マーク(コンセント用変換プラグ)は、近隣ヨーロッパ(C型など)でも使えるマルチタイプの変換プラグがオススメ。



▼参考記事
現地在住者が教えるマルタのコンセント/変圧器/変換プラグのすべて


※お礼やプチギフトは結構色々なシーンで必要性を感じます。大人向けのプチギフトは、日本酒の小瓶や、緑茶、日本らしい味のお菓子(キットカット)などが喜ばれます。ヨーロッパでは、キットカットの味が2種類くらいしかないので、キットカットの限定味を見せると興奮する人が多いです!




※マリンシューズは、サマーシーズンの留学生向けの持ち物です。マルタの海は、岩がゴツゴツです。海の中を泳いだり歩いたりすると、足にウニや尖った岩が刺さって怪我をする可能性があります。
(マルタでも購入出来ますが、オシャレで高機能なものは無いです!)





ハンドキャリー可能な荷物量は?


持ち物を増やす事は簡単ですが、最大どのくらい運べるのかを考えましょう。
『飛行機に乗せられる規定量』と、『自分達が現実的に持てる量』の両方を考えます。

▼大人2人で持てる現実的な荷物量
✔︎スーツケース2つ(特大の100L)
✔︎リュック2つ(ポケット多め)
✔︎サブバッグ2つ(布の肩掛け)



※子供が起きていればスーツケースに乗せて運べますが、寝た時は抱っこせざるを得ないので、最悪、旦那1人でも全荷物を運べる計算です!(鬼)


荷物を減らす工夫

・原本が不要な書類は、写メでデータ化。

・現地で買える物は持って行かないor必要最小限の量へ(旦那のパンツにおいては、3枚という潔さ)

・無くしたくない絶対に大切なものは、あえて日本に置いてくる。
(新生銀行以外のキャッシュカード、腕時計、アクセサリー等。バンク系のカードは、もしもの時にネットバンキングが使えるように表裏写メしておくと便利ですが、写真の管理には十分ご注意下さい。)

幼児連れの親子留学の場合、『オムツ』は緩衝材になるので、最後に詰め込みましょう。

▼スーツケース片面フワフワ。


マルタ親子留学の持ち物(事前配送編)

持ち物リスト(配送編)

・冬服(5~6着 × 3人分)
・スニーカー(各1足)
・カバン(カビるので革製品以外)
・お尻拭き
・オモチャ(塗り絵、絵本)
・貼るホッカイロ
・ピンチ付きハンガー(洗濯バサミがいっぱい付いてるやつ)
・タンス用の乾燥剤(すぐカビるので必須!)
・タッパー
・水筒
・お弁当箱
・日本食(味噌汁、海苔、ワカメ、出汁、醤油、ソース、お好み焼きの粉、サトウのご飯、ごま塩、永谷園のお茶漬け、アクエリアスの粉)
・アンパンマン系(アンパンマンのお菓子等)
・近隣ヨーロッパの旅行ガイドブック
・外国人観光客向け日本ツアー冊子英語版
・パーティ用の靴(ヒール、革靴)
・ランニングウェア

※送料は、主に重さに比例するので、不要なものは極力入れないことがポイントです。リスト内最後の2つは、マルタ滞在10ヶ月目で未だに使っていないので正直不要でした。

※アンパンマン系グッズは、当然マルタでは手に入らないので、いくつか送っておくと結構活躍します。子供のホームシック対策です。


日本からマルタへの事前配送方法

船便、SAL便、EMS便の3通りの選択肢があります。

私達は、SAL便を使いました。
2箱送って4万円です。(EMSだと6万円超)

▼メガサイズです。



▼なぜ SAL便を選んだか?

【メリット】
・船便より早い&EMS便より安い。

【デメリット】
・船便より高い&EMS便より遅い。

最安の船便は、3ヶ月以上かかる上に、荷物が無くなるリスクが比較的高いと聞いたので選択肢から排除。

最速サービスのEMSは、2~3日で届くが、荷物の中身的に緊急性は高くない。
SAL便なら、早ければ2週間~約1ヶ月で到着する&EMSより2万円安い。

というわけで、SALを選びました。
(※EMSとSALの送料は、重さによって変わります。)


1箱目は約1ヶ月後に着荷したものの、2箱目は約2ヶ月後に届きました。


▼一体どこを旅してたのでしょう。



日本からマルタへの荷物配送で、こんなにも箱がボロボロになってしまうので、梱包の際は入念にガムテープなどで補強することをオススメします。


しかし、何事も経験と学び。
SAL便の『いつ届くか分からな~い』というスタンスは、私達の性格に合わないことが分かりました。短気なので。笑

いつ届くのか予定日も分からず、もう届かないかもしれないという不安と喪失感に苛まれた2ヶ月間。。

後日、家族に物資依頼をしてEMSも試しましたが、2~3日と言われている速達は10日程かかりました。


▼マルタの郵便事情、改善の余地ありすぎです。
マルタの郵便事情~そう簡単には届きません~


以上、マルタ留学・親子留学に必要な持ち物リストと、その配送方法についての情報でした。


次回ブログは、お荷物ネタ第二弾です!


実際にマルタで生活をしてみて、
・マルタに持ってきて良かった物
・マルタに持ってくれば良かった物

についてまとめます。


▼次回記事
マルタに持ってきて良かった物&持ってくれば良かった物


以上、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


▼応援(クリック)頂けるとブログを続ける励みになります!


マルタ留学ランキングへ


プロフィール

【夫】30歳/マルタの坂と階段のおかげで送別会太りを着々と解消中。今欲しいものはワイルドなもみあげ。

【妻】30歳/イタリア人女性のキリッとしたメイクに憧れるも全く似合わず方向性を見失う。今欲しいものは谷間。

【娘】2歳/好きな食べ物はペンネ。好きな言葉はSay sorry. 今欲しいものはアンパンマンのネックレス。

📷Instagram でも最新情報を配信中!
Follow me ☞ @mama.malta
関連記事


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply