マルタへ出発!幼児連れ長時間フライトの機内の過ごし方

By留学生ママ

やっと留学準備記事が書き終わりました。
これでようやくブログのほうも日本を出国できます。笑


いよいよ出発の日。



娘も別れを感づいており、朝から少しセンチメンタルな表情でした。



忘れ物のチェック


・パスポート
・現金とキャッシュカード
・フライトチケット


これだけは再再再確認しました。



出発前の数日間は私の実家にいた為、
空港まで車でお見送りに来てもらうことになりました。

荷物関連記事で記載したように、
大量の荷物と2歳児をかかえての移動なので、【空港まで車】というのは、とても有り難かったです。

旦那のお義母様も、福岡から成田まで、
お見送りの為にかけつけてくれました。


自分達がいくつになっても、
親は偉大です。


お義母様は、早起きして可愛らしいおにぎりを手作りしてきてくれました。

母の愛に涙が出ます。
私の尊敬する人です。



空港到着後の両替

レートが良い所は長蛇の列になっているので、列の長さを見れば大体お得な窓口が分かります。


🔽私達が出発した日のレートはコチラ










窓口(銀行)によって、
レートってかなり違いますよね。


私達は、ロンドンで3泊滞在してから、マルタに向かう計画だったので、
ポンドとユーロのレートが一番良いところで両替しました。


数万円程度の両替であれば、
レートによる差額はそんなに大差無いので、【並ぶ時間】と【差額】を天秤にかけたら良いかと思います。



別れの時

早めに空港に到着していたので、

・両替
・チェックイン
・荷物預け

が完了してから1時間ほど余裕があり、
家族とカフェでお茶をして過ごしました。

娘もいつもと少し違った雰囲気に、
フニャフニャとわがままを言ってみたり泣いてみたり、落ち着かない様子。


いざ、お別れの挨拶をすると、

『いやだぁーー!!』

と言って、ギャーギャー大泣きでした。

当然ですよね。

あっという間に2歳になって、
体だけでなく心も随分成長したなぁと感じました。



トラブル発生

トラブル早くないですか?笑

なんだと思いますか??





家族とバイバイして、
無事に荷物検査を終えて、
旦那がトイレに行って...足早に帰って来たのです。


『カウンター行くの忘れた!もう中入っちゃったね!』


そうなのです。

忘れちまったのです。

留学エージェントのカウンターに集合してeチケット用紙を受け取るのを...😱




エージェントから言われていた集合時間はとっくに過ぎています。

しかも、集合場所は保安検査場の外。
もう入っちゃった!出られない!


SIMフリー携帯をゲットした私達は、
出国2日前に日本の電話番号を契約解除していたので【電話の繋がらない人種】になっていました。

きっとカウンターで私達のことを待っている方がいるだろうと思い、公衆電話で留学エージェントの緊急連絡先へ電話。


旦那
『す、す、す、すみません!カウンターに行くの忘れて、保安検査場の中入っちゃいました!』


留学エージェント
『あら!わかりました。eチケット用紙は渡せていないと思いますが、中に入れましたか?』


旦那
『事前にメールでeチケットのデータをもらっていたので、入れちゃいました!』


留学エージェント
『それなら大丈夫です!お気をつけて行ってらっしゃいませ!』



セーフ!!!!笑


そんな茶番により、
娘のセンチメンタルモードは回復し、
飛行機を目の前にしてワクワクドキドキしていました。





機内の過ごし方

10時間以上のフライトで、幼児連れって本当に大変です。

娘本人が一番大変だったと思います。

夜便ならまだしも、お昼に出発する便だったので、終始寝て過ごすなんていうハッピーエンドにはなりませんでした。


それでも少しは仮眠を取れたようなので、
フライト前は朝早めに起こしてあげて、少し眠いくらいの状態で乗るのが良いと思います。


🔽出発30分後


おっ!調子良いね!
ママは映画でも見ちゃおうかな!



🔽出発1時間後


イェーイ!まだ寝てるよ!
このままロンドンまでお休みなさい!


...と言いたいところですが、
この余裕の笑みは、そう長くは続きません。人生甘くなかったです。


その証拠に、
これ以降の機内の様子の写真はありません。お察しください。笑



【対策1】座席の工夫

一番後ろの席を確保しました。
飽きてしまっても、すぐに後部スペース(配膳&トイレ)に逃げられる為です。


【対策2】持ち物の工夫

・ソフトサラダお煎餅
・ラップトップ(Surface)
・いないいないばぁDVD
・アンパンマンDVD

※この他、お義母様から頂いたおにぎりが大活躍でした。
機内食は好き嫌いがあると思うので、幼児連れであれば食べやすいおにぎりやサンドイッチを手持ちする事をオススメします。


【対策3】遊び方の工夫

・ラップトップのお絵かきソフト
・お医者さんごっこ
・スタバごっこ
・クラブごっこ ←席で全力ダンス


娘は、1時間程度の短いお昼寝を2~3回しただけで、あとはずっと起きていました。

私達も必死です。


今どこまで来たかな...
あと何分かな...



と、映画を見る余裕もなく、フライト状況画面ばかり見つめていました。




ロンドン到着後の悲劇

忘れもしないヒースロー空港のディザスター。

無事に着いたと思ったら、
入国審査に長蛇の列がありました。

軽く1時間待ちです。

椅子もなく、トイレもなく、自販機もなく、、、


疲れていたので娘も超不機嫌でした。
『牛乳飲みたいー!!』
『抱っこしてー!!』
『帰りたいー!!』


長時間フライト後 × 抱っこ × 1時間待ち


拷問か何かですか?


いざ順番が来ると、
担当者は笑顔でウェルカムモード。
私達の入国審査は約30秒で完了。


地獄を見ました。


あとで発見したこのブログ記事によると、
小さい子連れであれば優先レーンを通れるらしいです......

【ヒースロー空港の入国審査5分突破の知恵】



ノーコメントです。笑



🔽ここまでの流れ

(2016年9月)
家族3人での親子留学を決意し、
大手の留学エージェント2社へ相談

(10月)
留学フェアに参加し、
留学先をマルタに決定

(11月)
最愛のマンションを売りに出す

(2017年1月)
素敵なご夫婦に気に入ってもらい、
マンション売買契約締結

(2月)
分譲から、仮住まいの賃貸へ引越し
無駄に家賃が高くなる

(6月)
退職宣言後、最終的には休職決定

(7月)
マルタの保育園手配

(8月)
・新生銀行口座開設
・カード類の整理
・お役所手続き
・ビザ書類準備
・手荷物配送

(9月)
・1年間のマルタ親子留学スタート
・ブログ開設





⬇️応援(クリック)頂けるとブログを続ける励みになります!⬇️


マルタ留学ランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村




-------------------
プロフィール
-------------------

【夫】30歳/マルタの坂と階段のおかげで送別会太りを着々と解消中。今欲しいものはワイルドなもみあげ。

【妻】30歳/イタリア人女性のキリッとしたメイクに憧れるも全く似合わず方向性を見失う。今欲しいものは谷間。

【娘】2歳/好きな食べ物はペンネ。好きな言葉はSay sorry. 今欲しいものはアンパンマンのネックレス。


#親子留学 #家族留学 #子連れ留学 #バイリンガル子育て #マルタ留学 #マルタ #フライト


Related Entries


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply