子連れロンドン旅行を楽しむオススメ観光スポット

By留学生ママ

親子留学宣言から1年。2017年9月、日本からマルタ島に向けて出発しました。

日本からマルタへの直行便は無い為、イスタンブール、ローマ、ヘルシンキ、ドバイ、ロンドンあたりでトランジットの必要があります。

私達の場合は、マルタに行く途中、休憩を兼ねて経由地のロンドンで子連れ観光をすることにしました。


本日のテーマは、
小さい子連れでロンドン旅行を楽しむコツと、子連れにオススメの観光スポット
をご紹介します。




ホテルはアクセス重視で選ぶ


前回記事の通り、ロンドンのヒースロー空港に到着後、入国審査のためにディズニーランド並みの長蛇の列に並んで疲労困憊。

この日は夜の到着だった為、
まっすぐホテルに向かいました。

今回の滞在先は、ロイヤルイーグルホテル


【子連れ】かつ【超大荷物】なので、
とにかくアクセス重視!


空港から最寄り駅までのアクセスと、最寄り駅からホテルまでの近さがポイントです。

階段、坂、テロも無く、無事にホテルに到着。
三ツ星ホテルなので、お部屋の広さや朝食のゴージャス感はありませんでしたが、今回はこれで十分。とにかく近くて助かりました。


▼ホテルで寛ぐ娘

『仕事終わらず家で残業』みたいな格好です。


幼児連れロンドン観光スポット


Natural History Museum
(自然史博物館)

公式サイトへ
・超オススメ!子供も大人も楽しめる。
入館料は無料(一部展示のみ有料)
・動物の剥製や骨がたくさん展示されており、リアルで大迫力。
・建物自体が美しくてインスタ映え。←インスタやってないけど。
・2~3時間過ごせる程の大きな規模。
・通路が広くフラットでエレベーターあり。ベビーカー可。

▼ワニの骨に興味津々


▼大好きなキリンさん


▼それは可哀想だよ



transport museum
(トランスポートミュージアム)

公式サイトへ
・子供は楽しめる(大人は、鉄ちゃん以外は微妙かも)
・入館料は大人2人で5000円程度(子供は無料)
・一日券は無く、年間パスです!笑
・乗り物の展示に座って子供がハンドルを握る姿は可愛い。
・規模はそこまで大きく無いので1時間以内で十分。
・通路が狭く段差もあるので、ベビーカーは入り口で預ける。

▼駅員さんごっこ


▼電車の修理工ごっこ


▼運転手さんごっこ


▼もちろん赤バスも!



▼ロンドンと言えば赤バスですよね~!



The National Gallery
(ナショナル ギャラリー)

公式サイトへ
・無料
・有名なのは、ゴッホの“ひまわり“
・子供は、飽きてしまう可能性あり


2歳の娘は、壁一面の宗教画を見て、
「ママ~見て!あの人おっぱい出てるよ~」
マリア様に向かってセクハラ発言。


“ひまわり”を見ると、
「うおぉ~!結構うまいじゃ~ん!」
ゴッホさんに向かって上から目線。



『うまいじゃ~ん!』て 笑


公園

・もちろん無料
・日本とはまた違った雰囲気で、大人もリラックス。
・たまに大きな犬が放たれて全速力で走り回っていたりするのでご注意。



デパートのオモチャコーナー
(Harrods、Fortnum&Mason など)

・子供が機嫌良く遊べるのでオススメ!
・オムツ替えも安心。
・店員さんが皆優しい(というか、実演販売と称して、ガチでオモチャで遊んでる)
・出費のリスクあり。

▼マルタ着いてから買おう!



【番外編】フィルムミュージアム

ジェームズボンドファンの旦那による強い要望で、フィルムミュージアムにも行きました。が、私が興味無さすぎて写真がありません笑

・入館料は大人2人で5000円程度とお高め。
・映画で出てきた車や衣装の展示がありましたが、娘は興味ゼロ。薄暗い室内に飽きてしまい、お外に出たいと連呼でした。


あ、1枚だけ写真あった!

▼クールなレースゲームで遊ぶダディ



【番外編】フリーメイソン博物館

なんと閉館時間を過ぎてしまい入れませんでした。。

「うわぁ~入りたかった~」と入り口で残念がっていると、きちんとした正装のオジサマ達がゾロゾロと出てきて、ご一服。
子供にも優しく挨拶して下さり、皆様ジェントルマンでした。



秘密結社って響き、そそりますね。笑


子連れロンドン旅行のまとめ


美術館や博物館系は、子供の興味のあるものなら楽しめますが、絵画などは年齢的にまだ難しかったです。

大人の観光に無理に子供を付き合わせるよりも、子供が楽しめる場所(デパートや公園)を間に挟みながらスケジュールを組むと、充実した子連れ観光を楽しめます。

ちなみに、9月中旬のロンドンは思ったよりも寒かったです。

寒さを口実に上着をゲット!

▼イギリスといえば、Barbourですよね!


娘も勝手に試着して鏡の前でニコニコしてました。
『あえてエンジ色?!サイズデカくない?!ユニクロのウルトラライトダウンで良くない?!』と突っ込みたい気持ちでいっぱいでしたが、本人超ご機嫌だったので バブアーデビューさせてあげました。

そして、これが後々アイスランド旅行やマルタの真冬シーズンで大活躍することになります。ダウン買っておいて良かった。結果オーライ。


実際マルタに来ると、オシャレなアパレルショップは本当に少ない(というか無い)ので、ショッピングは近隣ヨーロッパへ旅行中に楽しむのがオススメです。

観光、食事、ショッピングと、ロンドンを満喫したところで、いよいよマルタに向かいます。


▼次回記事に続く
【親子留学】ロンドンからマルタへ向かう途中のトラブル



ロンドン観光は、秘密結社だけが心残りです😑



🔽ここまでの流れ

(2016年9月)
家族3人での親子留学を決意し、
大手の留学エージェント2社へ相談

(10月)
留学フェアに参加し、
留学先をマルタに決定

(11月)
最愛のマンションを売りに出す

(2017年1月)
素敵なご夫婦に気に入ってもらい、
マンション売買契約締結

(2月)
分譲から、仮住まいの賃貸へ引越し
無駄に家賃が高くなる

(6月)
退職宣言後、最終的には休職決定

(7月)
マルタの保育園手配

(8月)
・新生銀行口座開設
・カード類の整理
・お役所手続き
・ビザ書類準備
・手荷物配送

(9月)
・1年間のマルタ親子留学スタート
・ブログ開設




👇応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ



プロフィール

【夫】30歳/社会人では普段出来ないヘアスタイル(茶髪&ふわふわロン毛)をエンジョイ中。当面の目標は、トルコ人と間違われること。

【妻】30歳/自転車に乗れないことを告白し、日本のみならず世界各国の友人からバカにされる。セグウェイでチャリを追い越すのが夢。

【娘】2歳/サンタクロースに青いミニカーを要望中。オモチャのチョイスがメンズっぽいが、イケメンが大好きな乙女。

📷Instagram でも最新情報を配信中!
Follow me ☞ @mama.malta
関連記事


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply