幼児連れの長期親子留学に最適な国の探し方

By留学生ママ

「親子留学に行く!」と意思を固めた後、まず気になるのが『そもそも親子留学に最適な国はどこなのか?』という疑問です。

今回のブログ記事では、
幼児連れの親子留学に適した国の探し方
についての情報をまとめます。




ネットで前例探し


早速、Google先生にお聞きしてみると、

『家族で2週間のプチ親子留学』
↑短期間の親子留学の例

『母と子で親子留学』
↑お父さん日本に置いてっちゃった例


のようなブログ情報に辿り着きました。
私達が探していたのは、【子連れの長期親子留学】という前例です。

残念ながら、私達の計画に近い前例は見つかりませんでした。

そこで、ニーズや条件を整理して、プロ(=留学エージェント)に相談しに行くことにしました。

『親子留学におすすめの国』と一口に言っても、実は答えはありません。

どんな軸をどの程度重視したいかは、ご家族の価値観によって様々だからです。

まずは、『幼児連れ』『長期の海外滞在』ということを念頭に、どのような環境が理想的なのかをイメージしてみると、理想の留学先を見つけるヒントとなります。


長期親子留学に適した国の条件を考える


子育てに優しい環境

大都市ではなく少し田舎でも良いから、子育てに安心な治安の良い所。キッズフレンドリーな国民性。

保育園の事前確保

日本にいるうちに現地保育園の1年入園が確約できること。

万が一の時の安心

万が一の事故や怪我があった時に頼れる現地サポートオフィス。医療水準の高い国。

日本人比率の少ない国

集中した環境での英語力向上が目的なので、クラスメートが日本人だらけな状況は避けたい。

出来ればヨーロッパ

週末にヨーロッパ旅行に行きたい。留学後にもコンタクトを取り合えるヨーロッパ在住の友達が欲しい。


留学期間エージェントの選び方


私達の場合、留学エージェントの選び方は、とってもシンプルです。
まずは『大手留学エージェントに頼る!』ということから始めました。


▼『大手』に相談した理由
✔︎大手なら経験豊富だから条件に合う国を紹介してくれるだろう。

✔︎大手なら親子留学の前例やノウハウがあるだろう。

✔︎大手なら万が一のサポート体制も万全だろう。




そこで、まずは大手「●学ジャーナル」へ。

以下、●学ジャーナルの回答。

「え~?!家族全員行くんですか?!
あ~アメリカはビザでNGですね~。
このビザの規定に子連れはダメって書いてあるでしょ~。
学生ビザは、勉強の為のビザだから、子育て用じゃないんですよ~。
田舎でいいの~?国際免許持ってる?
アメリカはね~車が無いとやっていけないよ~僕がアメリカ行った時もね~…」




すいませーん!!!
アメリカにこだわってないんですけどー!
家族で行ける国無いですかねー!
出来ればヨーロッパが良いんですけどー!



「あ~、アイルランドはビザ規定に子連れダメって書いてないですね~」

早く言って!!!!笑

日本人少なさそうだし、
イギリス英語カッコいいし、
ウイスキー大好きだし、

行こう!アイルランド!

子連れで親子留学に行けそうだと分かり、気分はとっても盛り上がっていました。


...と、ここで、エージェント担当者さんから不穏な発言。

「家族全員の親子留学っていうのは、前例ないですよ…子連れだとホストファミリーも厳しいです。お父様お母様の留学先の学校のサポートはできますが、住居と保育園は自分で探してください


いやいやいやいや、英語苦手だから行くんですわ。そんな大事なとこ、サクって自分達で手配できたらご相談に伺いませんわ。


こうして、アイルランドを有力候補地としつつ、大手エージェント2社目のカウンセリングを予約することになりました。


最大手のエージェントでも前例が無いと言われて若干不安になりましたが、今このブログを読まれている方はご安心ください。


長期親子留学の前例は作りました!
行ける方法ありますよ!


▼次回記事に続きます。
親子留学が可能な国のメリット・デメリット比較


👇応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ



プロフィール

【夫】30歳/送別会太りをなんとか解消してマルタでなんとかモテたい

【妻】30歳/暇さえあれば家中の不用品を売り捌く錬金術師

【娘】2歳/保育園では委員長キャラ。特技は白目とペッパーくんのモノマネ

📷Instagram でも最新情報を配信中!
Follow me ☞ @mama.malta
Related Entries


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply