マルタ語学学校のクラス分けテスト結果

By留学生ママ

マルタ島での親子留学がスタートしてから、3ヶ月が経過しました。

ここまで あっという間です。
Time flies. が口癖になってきました。


今日は留学ブログとして肝心の
語学学校についてまとめたいと思います。


語学学校初日のプレースメントテスト




毎週月曜日の1時間目に、
オリエンテーションとプレースメントテストがあります。

毎週生徒を受け入れているので、
最低1週間から入学出来るようになっています。

テスト自体は、全てライティングです。
(文法4択問題&テーマに沿った英作文)

筆記だけでクラスのレベルが振り分けられる為、主にスピーキングにおいて大きな格差を感じました。


『え?私このレベル合ってる?』と不安になるくらい。


欧米の学生『話せるけど文法ワカラナイ』
アジア系の学生『文法わかるけどハナセナイ』

と真逆の状況なので、
クラス内でスピーキング格差が出るのは当前です。


ただし、ここは語学学校。
レベルや先生が合わなければ、申し出れば変えてもらえます。

合わない環境下でストレスが溜まっては
お金も時間も勿体ないので、
遠慮なく主張した者勝ちです。


どんな生徒が学んでいるのか?




私達の学校は、
比較的小規模校で1クラスの最大人数は9人です。

平均年齢も30~35歳程度と高めで、
若い学生の中に飛び込むというよりは、
私達自身がちょうど中間の年代なので居心地も良いです。

大学生~引退後のシニアの方まで、
幅広い年代の方が学んでいます。


目的も実に様々。
就職や転職の為、海外旅行の為、引退後の余暇を充実させる為、英語の先生になりたい、etc


滞在期間については、
ヨーロッパ系の生徒は1~2週間の短期が多く、アジア系の生徒は3~6ヶ月の中長期の方が多いようです。


クラスのレベル分け




私達の語学学校では、https://www.examenglish.com/CEFR/cefr.php” target=“_blank” title=“CEFR”>CEFR(Common European Framework of Reference)に基づいたレベル分けとなっています。


C2 (ほぼネイティブ)
C1 (上級)
B2 (中上級)
B1+ (中級~中上級の間)
B1 (中級)
A2 (初中級)
A1 (初級)





私は B1+ からスタートして、現在はB2クラス。
旦那は B1 からスタートして、現在はB1+クラスです。

2人とも1~2ヶ月経過した時点で、
先生からレベルアップテストを受けるよう勧められました。

毎週木曜に実施されるレベルアップテストにパスすると上のクラスに昇格出来る仕組みです。

不合格の場合でも、
『もう一回チャレンジさせて!』とお願いして翌週パスしている人をよく見かけます。


ちなみに現在の私のクラスは先生1人と生徒4人です👇

・年齢不詳イギリス出身の先生
・19歳ロン毛イケメンスイス人男性
・60代英語教師のドイツ人女性
・60代数学教師のイタリア人女性


なんかわからんが先生がいっぱいいる..笑


皆流暢すぎて何故ここにいるのか謎ですが、先生だけでなくクラスメートからも学ぶことが多く勉強になります。


今週からちょうど先生が変わって、
全方位型からスピーキング特化型になったので、とにかく話して修正してもらおうと思います。


次回は、
実際の授業内容についてご紹介します。


🔽応援(クリック)頂けるとブログを続ける励みになります!



にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ



プロフィール

【夫】31歳/誕生日プレゼントをアイスランドにてゲットするも、まだまだ欲しいものが沢山!

【妻】30歳/物欲モンスターをなだめるのに必死。

【娘】2歳/ガチャポンとイケメンが大好きな乙女。
Related Entries


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply