【留学の効果】留学3ヶ月目で英語力がどう変化したか?~30代夫婦編~

By留学生ママ

マルタ島での親子留学生活が3ヶ月半経過しました。トータル1年間の留学生活のうち、私達の語学力が実際どのように変化していくのか記録します。

前回記事~2歳の娘編~に続きまして、今回は~30代夫婦編~です。

脳の柔らかい2歳の子供と、贅肉のつき始めた30代夫婦との英語の吸収力の差は必見です!笑

🔽前回記事
【留学の効果】留学3ヶ月目で2歳児の英語力がどう変化したか? ~子供編~



どれくらいの期間留学したら、英語力が上がるのか?




これから留学に行く方も、現在留学中の方も、これが一番気になるポイントだと思います。

この留学効果レポートでは、『各スキル別に、どのくらい英語力の向上を実感しているか』という点にフォーカスしています。
3ヶ月後、6ヶ月後、9ヶ月後、1年後のマルタ留学効果を記録していくので、留学期間を迷っている方は是非参考にしてみて下さい。


留学前の英語力


【妻】
・理系出身
・ガリ勉タイプ(勉強ラブ)
・TOEICは795点
・スピーキングが特に課題。頭で考えてからでないと話せない。

【夫】
・文系出身
・瞬発力タイプ(集中力は15分が限界)
・TOEICは300点
・文法はメチャクチャでも、言いたいことは瞬時に口をついて出てくる。


🔽留学前の英語力についての詳細記事
1年間の長期親子留学を思い立ったきっかけ


留学3ヶ月目の英語レベル


【妻】
入学当初B1+ レベル(中級)から、1ヶ月後にB2(中上級)にレベルアップ。

【夫】
入学当初B1レベル(初中級)から、2ヶ月後にB1+(中級)にレベルアップ。
※来週再びレベルアップテスト受験予定。


【スキル別】留学3ヶ月目の効果


【文法】


文法は全て総復習が完了し、頭には入っている状態。(※分かっているのと使えるのは別)
英語で英文法を習うと、発見が多く面白いです。日本の英語教育を疑問視したくなることもしばしば。will と be going toがイコールだなんて教えてはダメだなぁと。
先生によっても教え方・アプローチ方法が異なるので、分かっているつもりの文法でも学びが多いです。


【ボキャブラリー】

一番効果を感じるのは、ボキャブラリーの増強。夫婦で英語で会話していると、今まで聞いたことのない単語が出てくるので、お互いの上達を感じます。
知らない単語が多すぎると、リーディングもリスニングも単語推理が効かなくなってくるので、ボキャブラリーを増やすことが当面の課題です。


【リーディング】

留学当初は、分からない単語と出会う度に辞書に頼っていました。
留学2ヶ月目頃から、辞書を手放して "知らない単語はguess!!" 方式に変更しました。
専門的な話題は苦戦しますが、日常的な話題やニュース記事であれば、スラスラと読めるようになりました。
文の構造につまずくことは減ったので、ボキャブラリーさえ増えれば、もう少しスピーディに読めると思います。


【リスニング】

授業中に先生が話すスピードは普通のネイティブのスピードです。
留学当初は10~20%ほど聞き取れない部分がありましたが、留学3ヶ月目の今は先生の言っていることは99%理解できるようになりました。
映画やTEDなどのリスニング課題は、字幕に頼る必要があるので、まだまだ理想の耳には到達できていません。


【ライティング】

授業でライティングの課題は比較的少ないので、留学による効果を比較するのが難しいですが、ひとつ明確な変化があります。
日本にいた時にお世話になっていたネイティブスピーカーの家庭教師の先生とLINEでやり取りをする際に、和英辞書を全く使わなくなりました。
今後は、効果(変化)が見えやすいようにライティングの機会を自分で増やしていこうと思います。
英文日記が良いかもしれませんね。
ブログも英語にしちゃうとか?


【スピーキング】

まだ理想のレベルとは程遠いですが、留学前と比較すると大きな変化があります。
留学前は、頭の中で『これを言おう、あれを言おう』と少し英文骨格を考えてから話していたので、瞬発力の遅いコミュニケーション力でした。
留学3ヶ月目の今は、英語のまま理解し、英語で考えて瞬間的に話すことに慣れてきました。

蛇口から水が出なくなって学校に電話したり、郵便局でクレームを言ったり、マルタの銀行口座開設の為に窓口で質問したり、ある程度込み入った内容でも会話が成立するようになりました。
留学当初は英語で電話をかけることにビビりまくっていたので我ながら成長を感じます。

理想とする目標は、言葉に詰まることなく流暢に話せることです。
まだまだ会話の訓練が必要だと感じます。

残り9ヶ月の留学期間で、
目標との乖離を少しでも埋められるよう頑張ります。


留学効果を最大化するオススメ参考書


このブログを読んで下さっている方は、留学中、または留学検討中の方が多いと思います。
短期にせよ長期にせよ、せっかくお金と時間をかけて留学に行くなら、留学の効果を最大化したいですよね。

スピーキング苦手型の日本人には、こちらの参考書をオススメします。


🔽留学前の記事でも一度ご紹介しているこの本。



日本人を含むアジア系の生徒は、文法はできるのにスピーキングが苦手。
ヨーロッパ系の生徒は、スピーキングは流暢なのに文法が苦手。

これらの生徒が一緒に勉強すると、当然クラス内でスピーキング格差が起こります。

この格差を埋めるには、スピーキングの瞬発力を鍛えるのが良いと今まさに実感しています。

『日本人なのに会話得意だよね?』という友達と話してみると、やっぱりやってました、瞬間英作文。

日本人が英語のテストで求められることの無かったスキルなので、練習しないと出来る訳ないですよね。
超簡単な中1レベルの英作文でも、瞬間的に出てこないので、最初はヘコみます!笑

でも、仕方ないのです。
私たち日本人は、読み書き中心の英語教育を受けて育ち、試験も文法が中心でした。
英語のスピーキングの試験なんて、ほぼ経験せずに大人になりました。英会話の訓練が、圧倒的に足りていないので、最初はスピーキングに悪戦苦闘するのが当然です。

簡単な英作文の瞬発力を鍛えると、英会話に自信がつきます。
会話に自信がつくと、語学留学中に『もっと積極的に話そう』という気持ちになります。

この好循環が、留学効果を最大化する鍵です。


まとめ


以上、マルタ留学3ヶ月目の効果についてでした。

正直、最初の1ヶ月目は『1年も留学するのに英語に多少慣れる程度の収穫だったらどうしようか』と不安になりましたが、留学3ヶ月目の今まさに留学の効果を感じています。

今後も、留学6ヶ月目、9ヶ月目、1年目の英語力の変化について記録していきますのでお楽しみに!


👇応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ



プロフィール

【夫】31歳/ “I want new sunglasses. “は、『バレッタが眩しいですね』とでも訳しておきなさい。と謎のアプローチでサングラスをおねだりする物欲オジサン

【妻】30歳/ 漱石風の物欲オジサンと、サンタさんに執拗にたかる物欲娘を制するのに必死なファイナンスミニスター

【娘】2歳/ 次のクリスマスは、ギターとオモチャのベビーカーが欲しいです!残さず何でも食べます!
関連記事


Comments 2

There are no comments yet.

南方  

海外に行っても日本のインターネット記事をつい見てしまい、もし日本語サイトにアクセスできない設定ができれば英語力がもっと伸びそうなのですが。。(言い訳ですが)

2018/01/16 (Tue) 15:35 | EDIT | REPLY |   

-  

To 南方さん

おっしゃる通りですね^^;
私もついついYahoo!ニュース等の日本語サイトを見てしまい、後で自責の念に駆られます..
個人的な対策としては、スマホの言語設定を英語にしたり、スマホのトップページ(1ページ目のアプリ)をBBC newsなどの英語アプリだけで埋めたりしています。

2018/01/16 (Tue) 22:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply