親子留学中の子供はどこに通う?語学学校よりも現地の幼稚園がオススメな理由

By留学生ママ

最近ブログ等を通して『親子留学』の相談や取材を受ける機会が増えてきました。
書き甲斐があります。ありがとうございます。

各社留学エージェントも『親子留学コース』という新設コースを取扱うところが増えているようです。

それでも、まだまだ『親子留学の情報が少ない』という状況なので 、親子留学推進ブログとして”よくあるご質問”に対する回答をまとめていきたいと思います。


🔽参考記事: 親子留学の準備記事まとめ
留学準備記事の一覧

🔽参考記事: 親子留学の効果
語学力の変化
マルタで親子留学・子育てをして気付いた娘の心の成長


ひとくちに『親子留学』と言っても、

✔︎期間(短期 or 長期)

✔︎子供の年齢(赤ちゃん or 幼児 or 小学生 or 中学生以上)


など、様々なケースが想定されます。


本日は、【中長期の親子留学】&【小学校低学年以下の小さいお子さん】のケースを想定して、下記のご質問にお答えします。


『子供は親と一緒の語学学校に通うほうが良いのか、現地の保育園や幼稚園に通うほうが良いのか?』





回答)
小さいお子さん連れで、中長期の親子留学をする場合は、 【現地の保育園や幼稚園】をおすすめします。


理由)
親と一緒に語学学校に通うと、お友達の入れ替わりが激しいからです。


私達は、去年の9月から語学学校に通っていますが、語学学校というのは大抵【最低一週間から】生徒を受け入れています。

1週間だけ、2週間だけ、という短期の生徒もとても多いのです。
新しい出会いが多くて刺激的な面もありますが、その分お別れも多いのです。
毎週金曜日は、『もう最後なのね~』なんて言いながらハグしたり、Facebookのアカウントを交換したり、お別れの挨拶をする人が沢山います。


親子留学で、子供も親と同じように語学学校に通う場合、お友達がどんどん入れ替わることになります。
社交性を育むという面ではプラスに働くと思いますが、仲良くなってもすぐにお友達が去ってしまうというのは小さい子供にはちょっと酷な状況です。


私達の実例をご紹介します。
私達の語学学校の友人と一緒にホームパーティをすると、娘はすぐに友人達に心を開きます。

20~30代が多く、娘からするとお兄ちゃんお姉ちゃん的存在なのかと思いきや、【友達】だと思っているようです。

せっかく仲良くなった【大きいお友達】が、【飛行機で遠くの国に帰っちゃう】という現象は、なんと2歳なりに理解出来ています。

1人帰ってしまうたびに悲しい寂しいと泣いたり、『◯◯ちゃんは、まだマルタにいる?もうすぐ帰っちゃうの?』と最終日を聞いてきたりします。

子供の学校のクラスで、同じことが起こったらどうでしょう。

仲良くなった友達と急に会えなくなるという別れを何度も何度も経験するのは、ちょっと可哀想です。

娘の場合は、幸い現地の保育園に入園できた為、先生やお友達はほぼ固定です。
入園して最初の1ヶ月は毎朝泣いていましたが、2ヶ月目になるとすっかり慣れて笑顔で楽しく登園出来ています。

先生やお友達の入れ替わりが激しかったら、保育園生活に慣れるのにももっと時間が必要だったかもしれません。


言語の面でも、語学学校の場合は【お友達も英語を勉強中】という状況です。
現地の保育園/幼稚園なら、ネイティブの子供が多いので、娘は子供同士の会話からでも英語を吸収して帰ってきます。

喧嘩に勝つには、言い負かさないといけないですからね。笑

『今日ね、ステファンと喧嘩したの!Don’t touch!! It’s mine!! I’m using!!” って言った!!』

と誇らしげに帰ってきました。


仲良く遊ぼうね。笑




以上、親子留学を検討中の方から頂いたご質問への回答でした。

もちろん、親と同じ語学学校に通うメリットもありますし、短期の親子留学であれば上記の問題はそこまで気にする必要はありません。

学校のアクセスや学費だけではなく、
親子留学の期間、子供の年齢、お子さんの性格に合わせて、お子さんの学習場所を検討してみることをオススメします。


👇応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ



プロフィール

【夫】31歳/ “I want new sunglasses. “は、『バレッタが眩しいですね』とでも訳しておきなさい。と謎のアプローチでサングラスをおねだりする物欲オジサン

【妻】30歳/ 漱石風の物欲オジサンと、サンタさんに執拗にたかる物欲娘を制するのに必死なファイナンスミニスター

【娘】2歳/ 次のクリスマスは、ギターとオモチャのベビーカーが欲しいです!残さず何でも食べます!



Related Entries


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply