マルタのシャワー事情 ~お湯が急に出なくなる?!~

By留学生ママ

マルタに来たばかりの留学生の方々が、マルタのお湯事情に困っているのをよく見かけます。

国が違うと、文化の違いや、家電の使い方の違いに困惑することがありますよね。

実は、マルタのお湯事情は、日本と比べるとちょっと不便なのです。


本日のテーマは、
マルタのお風呂・シャワーの使い方についてです。






シャワーのお湯の使い方


🔽まずは、このスイッチをオン!


基本的に、お湯を使うところの近く(浴室やキッチンの近く)にあります。


🔽お湯タンクを探してみましょう。


浴室のタンクは、写真のように天井にへばりついていることが多いです。
キッチンのタンクは、基本的にシンクの下の収納スペース内にあります。


🔽お湯タンクのメーターを確認!


タンクのメーターは、タンク内のお湯の温度を示しています。
お風呂やキッチンでお湯を使い続けると、このメーターがどんどんお水寄りになっていきます。
青(お水)と赤(お湯)の境目に近づくと、かなり水に近い温度になります。


マルタでは、お湯とお水の蛇口をそれぞれ捻って、自分で丁度良い温度に調整する必要があります。
マルタのほとんどのお家が、このマニュアルシステムです。
お子さん連れでマルタに滞在する場合は、熱湯による火傷に注意して下さい。

日本では、ピッピっと自動で設定温度を変えられるので便利ですよね。
マルタのマニュアル生活に慣れてくると、日本の電化製品って、ものすごく近代的で進んでいるなぁと感じます。



限りあるお湯


上記のタンクの中にお湯が入っていて、一定量を使い切ると、お湯が出なくなってしまいます。

お家のタンクの大きさにもよりますが、我が家の場合は連続15分程度が限界です。

つまり、2人続けてシャワーに入れません。

一度、タンクのお湯を使い切ってしまうと、回復するのに30分程度かかります。


キッチンのお湯も同様です。
キッチンのタンクは、お風呂のタンクよりも小さい為、連続5分程度でお水に変わってしまいます。

家族3人分の食器を洗っていると、最後の方は確実にお水になります。


タンクが、あと1.5倍大きかったら丁度良いのですが...

いつも惜しいところで足りなくなる絶妙な容量です。



お風呂の作り方


マルタでは、バスタブの無いお家もありますが、我が家は幸いバスタブが備え付けてあったので、入浴にトライしてみました。

上記の通り、お風呂の蛇口をひねってジャージャーとお風呂を貯めた場合、4~5センチくらい溜まったところで水になります。


🔽我が家のバスタブ


バスタブが無駄に大きいのです。
お湯のタンク小さいくせに

ヨーロピアンは、日本人よりも身体が大きいですからね。バスタブ大きく作りますよね。
お湯のタンクも大きくしないと意味ないでしょう


お風呂に入る為にやるべきことは、ひとつ。
キッチンでお湯を沸かしまくって、バスタブまでバケツリレー!


今のところ、解決策はこれだけです。笑


パスタ用の大鍋2つとケトルをフル活用して、10往復くらいします。フ~!超原始的~!

お風呂が出来る頃には、重労働で既に身体ポッカポカです!


娘は、マルタでもお風呂に入れて、ものすごく喜んでくれました。

しかし、このバケツリレーがあまりにも面倒くさくて、計3~4回しか入浴していません。

マルタの冬は、日本と比べると気温高く、凍えるような寒さではないので、入浴せずにシャワーだけで済ませています。


1年のうち300日以上が晴れのマルタでは、お水は貴重な資源なので、たっぷりとお湯を溜めて毎日お風呂に入る文化は合わないのかもしれません。


『チャリラ~ン♫お風呂が沸きました♫』の声が恋しいですが、しばし我慢です。



🔽家電繋がりで、こちらの記事もご参考まで。
マルタの洗濯機の使い方!洗濯時のダメージを防ぐ2大必需品とは?


参考になりましたら応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ



プロフィール

【夫】31歳/ 念願のサングラスをゲットした物欲オジサン。

【妻】30歳/ 私も何か欲しいです!もうすぐ誕生日です!

【娘】2歳/ リンツのチョコレートが好きです!キャラメルマフィンも好きです!
関連記事


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply