マルタ留学の9つのデメリット ~失敗しない留学生活へのヒント~

By留学生ママ

今回は、
留学を決める前に知っておきたいマルタ留学のデメリットをお伝えします。




留学エージェントやガイドブックの情報は、マルタの良いところやメリットにフォーカスされがちです。

今ブログで情報収集中の方は、『表面的な良いところ』だけでなく、マルタ留学のデメリットも含めた真の情報を知りたいと思っているのではないでしょうか?

ただし、この記事は、マルタ留学のネガティブキャンペーンではありません。

華々しい上辺だけの情報ではなく、マルタ留学のマイナス面をきちんと知った上で留学先を最終決断することが、後悔や失敗のない留学生活の第一歩です。


〈参考記事〉
留学前の情報収集がマルタ留学を成功させるコツ



マルタの交通問題


マルタには電車がありません。主な移動手段は、バス、フェリー、タクシーです。
日本の満員電車は相当なストレスですが、実はマルタでもストレスフルな問題を抱えています。


🔽マルタの交通問題
・交通渋滞が日常茶飯事。
・時刻表通りにバスが来ない。
・定刻前にバスが行ってしまう。
・バスが満員で止まってくれない。(バス停で待っていても通過)
・道がデコボコで車酔いしやすい。
・道の脇の縦列駐車が基本。
・車がカーブする時に歩道に乗り上げる。


マルタでは、車の所有率が高く、本当に渋滞が多いです。バス停で待っていても、バスが定刻通り来てくれなかったり、満員で通過されてしまうことも多々あります。

eCabsやTaxifyなどのタクシー配車アプリでタクシーを呼ぶと、基本定刻通りに来てくれますが、渋滞に巻き込まれてしまうと動きようがありません。

渋滞に巻き込まれないような抜け道を選んでくれるタクシードライバーさんもいますが、その場合は道が悪いので車酔いに注意です。


〈参考記事〉
マルタのタクシーと言えば eCabsとTaxify!アプリの使い方と料金を徹底解説!


マルタの郵便問題


以前のブログ記事でも触れていますが、マルタでは郵便物が届くのに物凄く時間がかかります。船便に至っては、日本からマルタに届くまで半年近くかかりました。

日本の郵便局と比べると、マルタの郵便局は遅れています。

マルタ短期留学の方は、船便での荷物受け取りは避けた方が無難です。荷物がマルタに着く前に、ご自身が帰国することになってしまう可能性がある為です。
早く確実に受け取りたいお荷物は、多少コストがかかってもEMS便やSAL便などのサービスを利用されることをオススメします。


〈参考記事〉
マルタの郵便事情 ~そう簡単には届きません~


お風呂は基本シャワー


日本人なら出来れば毎日お風呂に入りたいですよね。

マルタではバスタブがないフラットが多いです。物件にもよりますが、大半はシャワーのみとなります。

さらに、一度に使えるお湯の量が限られています。
シャワーでも長めに20~30分浴びたい時や、家族で続けて入りたい時など、お湯が足りなくなると徐々に水に変わってしまいます。

ボタン1つで設定温度の通りのお風呂が出来上がる日本と比べると、マルタのお風呂はとても質素です。


(参考記事〉
マルタのシャワー事情 ~お湯が急に出なくなる?!~


トイレの冷たい座面


日本のトイレは本当に進んでいると思います。暖かい便座、ウォシュレット、音姫、自動洗浄...と、至れり尽くせりです。

マルタのトイレには、上記のようなオートマ機能は、まず付いていません。

日本人として生まれ、暖かい便座とともに育って来た私達は、マルタ生活が半年経過した今も冷たい便座には全く慣れません。

対策方法として、100均などで売っている布製の便座カバーがあると便利です。マルタ留学準備中の方は持ち物リストに加えてみてください。


街中のゴミ問題


インスタなどでマルタの写真を見ると、世界遺産の首都バレッタの荘厳な佇まい、ヨーロッパらしい石造りの街並み...と溜め息の出るような美しい写真が並びます。

マルタは、確かに美しいです。

しかし一方では、各住戸の前の黒いゴミ袋、道端のゴミや犬のフン、石壁の経年汚れ、廃墟の割れたガラス窓...などがあるのも事実です。

マルタのゴミの出し方は、各住戸の前にゴミ袋をポンッと出しておく仕組みです。ゴミ回収は、午後~夜中が中心なので、日中は歩道にゴミ袋がゴロゴロと転がっています。

公共のゴミ箱が多いにも関わらず、街中には空き缶や犬のフンも多いです。ゴミ袋がいつも外に出ているからこそ、人間の心理的に他のゴミもポイ捨てしがちなのでしょうね。

更に、マルタは今まさに建設ラッシュです。あちこちで工事しているので、砂埃が舞っています。
喉をやられてきまう日本人学生も多いので、マスクやのど飴など持参しましょう。


観光業が収入源であるマルタは、街のクリンネスが今後の課題だと感じます。


マルタの虫問題


マルタで虫と言えば、蚊、ハエ、ゴキブリです。

冬の期間は、ほとんど居ませんでしたが、サマーシーズン(5~9月)は特に虫がたくさんいます。

そして、マルタのほとんどの住居には、網戸がありません。

マルタの夏は、暑くて湿気が多いです。当然窓を開けます。大きい虫も小さい虫も、皆入りたい放題です。

簡易的に取り付けられる網戸屋さんをやったら、儲かるかもしれません。


室内のカビ


とにかくカビます。
既に、私達の服、カバン、革靴の一部が白~くカビてしまいました。フラットの壁やカーテンにも黒カビがあります。

日本もそうですが、マルタも湿度の高い島国です。
日本では、こんなカビ体験したこと無いのですが...家の構造上の問題なのか、とにかくカビます。

大切な革製品(カバンや靴)は、マルタ留学には持ってこないほうが無難です。
どうしても持って来る場合は、大きなジップロックに密閉して保管しましょう。

また、クローゼット用の湿気取りがあると便利です。置き型や吊るし型の少し大きめの除湿剤をまとめて買っておくことをオススメします。





真夏の猛暑


真夏のマルタは40度近い猛暑となります。
25度程度の春の陽気でさえ、日中は日差しが強く、ジリジリと肌が焼けていく感覚があります。

帽子、サングラス、日焼け止めは、必須中の必須アイテムです。

地中海でのスイミングが楽しめる一方で、通学中の熱中症や日射病には十分に気をつけなければなりません。

特に、マルタでの親子留学を考えている方は、お子さんの体調管理にお気をつけください。万一の時の為に、病院の場所を事前に確認しておきましょう。


どこ行く?何する?


マルタは、アミューズメントやファッション的な要素は少ないです。

映画館は数件ありますが、動物園や遊園地はありません。マルタ北部には、夏季限定のウォーターパークや水族館がありますが、規模は小さいです。
ファッションブランドも、ファストファッションは数件ありますが、お洒落なセレクトショップはほぼありません。

海で泳いだり、ビーチでBBQをしたり、古代遺跡を観光したり出来るのがマルタの醍醐味ですが、『アミューズメントやファッション要素』を求めてしまうと、期待はずれとなってしまう可能性があります。

ただし、近隣ヨーロッパ旅行を楽しめるのがマルタ留学のメリットでもあります。マルタ発の海外旅行予算もしっかり事前確保しておきましょう。


まとめ


マルタ留学のデメリットのまとめでした。

日本のモノの豊かさと比べてしまうと、マルタでの生活には不便さを感じることが多々あります。

表面的な良いところだけを知ってマルタ留学・マルタ観光に来てしまうと、『え?!なんか違う!!』とガッカリしてしまうかもしれません。


ただ、何事も捉え方次第です。


『日本だったら、こうなのに...』と、日本を引きずってしまうタイプの留学生は、日常の色々なことに対して不満が溜まり、留学生活の楽しみが半減してしまっているようです。

郷に入っては郷に従え精神で、マルタを受け入れる心の準備が出来ている留学生は、多少の不便さやトラブルがあっても自力で乗り越えて留学生活を満喫しています。


これからマルタ留学に来られる方は、
マルタのポジティブな面だけでなく、ネガティブな面も知った上で、心の受け入れ体制を整えて後悔のない留学生活を送って下さいね。


マルタ留学の持ち物リストも『失敗しない留学』のヒントになると思うので、参考にしてみて下さい。


▼参考記事
こちらのブログ記事から、持ち物チェックリストのPDFファイルをダウンロード&印刷できます。
【印刷可】マルタ留学・親子留学の持ち物リスト~必需品から便利グッズまで~






参考になりましたら応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ



プロフィール

【夫】31歳/デトックスの為、断酒中。

【妻】31歳/旦那が断酒中でも、チスクビール飲みます。

【娘】2歳/パパが断酒中でも、アイス食べます。

📷Instagram でも最新情報を配信中!
Follow me ☞ @mama.malta
関連記事


Comments 2

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/09 (Wed) 23:14 | EDIT | REPLY |   
留学生ママ

留学生ママ  

Re: トラベロコで相談に乗って頂きました。

コメント頂き、ありがとうございます。
ご返信が遅くなり、申し訳ございません。
マルタへ親子留学にいらっしゃるのですね。応援しております。
また色々とご配慮頂き、ありがとうございます。
こちらのブログのコメント欄では、個人的なご連絡には不向きな為、インスタグラム(@mama.malta)のプライベートメッセージを頂けますと幸いです。

※ブログのシステム上、頂いたメッセージは非公開となりますが、回答が公開となってしまいます。ご了承下さいませ。

2018/05/18 (Fri) 07:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply