マルタ留学中の生活費 ~何にいくらかかる?~

By留学生ママ

▼本日のテーマ
マルタ留学中にかかる生活費の内訳と金額
についてです。マルタ長期滞在中、全ての支出を記録してきた家計簿をもとに、リアルな情報をお伝えします。






マルタ留学中の1ヶ月の平均支出


マルタ留学中に現地でかかる生活費(学費と家賃を除く)は、大人1人あたり約7万円です。

※ 我が家の家計簿は、主人と2歳の娘を含む3人分なので、平均18万円です。

※学費と家賃は、出発前に一括支払済。



留学前に知りたい情報は、
結局のところ、『総額で』いくらかかるの?という部分ですよね。

エージェントや語学学校に支払う費用は、固定費なのでお見積書さえゲットすれば、金額が分かります。

マルタ到着後に、現地でかかる生活費は、上記の通り【1ヶ月あたり約7万円】が目安です。

これらを足し上げて、マルタ留学に総額いくらかかるかを事前に試算しておきましょう。
ざっくりと生活費の月間予算を設定しておくと、帰国後のお金の心配が減り、安心してマルタ留学生活を送れます。


マルタ生活は、何にいくらかかる?


家族3人分のマルタ生活費

〈食費〉 10万円
〈交通費〉 1万円
〈携帯〉 0.2万円
〈日用品〉 2万円
〈教養娯楽、美容〉5万円

※親子留学の場合、上記の他に保育園代がかかります。保育園代は1ヶ月あたり約2~3万円です。夏季は、別途サマースクール代がかかります。(8週間で約5万円)


大人1人あたりのマルタ生活費

〈食費〉 4万円
〈交通費〉 0.5万円
〈携帯〉 0.1万円
〈日用品〉 1万円
〈教養娯楽、美容〉2万円


※食費は、毎朝のコーヒー代、外食10回程度を含む金額です。自炊中心の場合、さらに節約可能です。

※携帯代は、プランの選び方によって、大幅に経費節約できます。プリペイドのSIM購入がオススメです。


〈参考記事〉
マルタでプリペイドSIMカードを購入してスマホを使おう!


【検証結果】マルタ留学中の携帯/スマホ代は、こんなに節約できる!!



マルタの家賃相場は?


多くの語学留学生の滞在先であるスリーマ地区の場合、下記が家賃相場の目安です。

・最低 800 €~(スタジオ型のワンルーム 1ベッドのみ)

・1100 ~ 1200 €(通常の2ベッドルーム)

・1400 ~ 1500 €(内装フルリノベーション済の2ベッドルーム)

・2000 € ~ (広々リビングやメゾネットタイプの2~3ベッドルーム)


上記は、スリーマ地区に絞った家賃のイメージです。
スリーマのお隣のグジラやセントジュリアンという地区に行くと、上記の8~9掛け程度の物件があります。


※2018年5月現在のマルタの家賃相場です。時期により変動がありますのでご注意下さい。



上記以外で、マルタ生活中にかかる大きな支出は?


マルタ発の海外旅行費用


マルタ留学のメリットのひとつは、近隣ヨーロッパへの格安旅行が出来ることです。

マルタ留学期間中に、どの国に何回くらい海外旅行に行きたいかを考えて、海外旅行用の予算を事前に組んでおくことをオススメします。


我が家は100万円の予算を組んでおりましたが、見事に予算達成しました!
つまり、バジェットオーバーです。笑

格安航空券をうまくゲットできれば、数千円で近隣ヨーロッパに行くことが可能です。

私達の場合、ギリギリで思い立って旅行に行くことが多かったので、航空券に1人あたり数万円かかっていることが主な敗因です。


レッスン追加や試験申込み費用

マルタの語学学校の場合、通常のレッスン(ジェネラルイングリッシュ)は、午前中のみで終わってしまいます。

ただし、実際のところ、午前中だけだと物足りないと感じる人が多いです。


✔︎マンツーマンコースを追加したい。

✔︎ビジネスコースを追加したい。

✔︎試験対策コースに変更したい。

✔︎試験(IELTS/Cambridge)を受けたい


👆こんな場合は、当然追加費用がかかります。受講する期間とコースによりますが、まとまって数万円~数十万円が必要となる可能性があります。


私達自身も、マルタ留学のラストスパートとして、午後のビジネスコースを追加したり、午前クラスをジェネラルコースからIELTS試験対策コースに変更したり、授業をカスタマイズしています。

特に中長期留学の方は、このような追加授業の出費があり得るのでご注意下さい。


病気や事故の際の医療費

医療費については、海外医療保険にきちんと入っていれば、心配ありません。

ただし、マルタは小さな島国なので、イギリスやカナダのような大国とは違います。保険会社と病院の連携によってキャッシュレスで医療が受けられることは稀です。
(保険会社と病院にもよります。)

セントジェームズ病院という大きな総合病院でさえ、キャッシュレス対応が出来る時と出来ない時があり、とても面倒です。

キャッシュレス対応が出来ない場合、自分で一度医療費を支払い、帰国後に保険請求をする形となります。

万一、何度も通院が必要な状況となった場合、自分で立て替える医療費の金額が大きくなってしまします。

いつどこにいようと身体が資本です。
留学中も健康に過ごしたいですね。



まとめ


以上、マルタ留学中にかかる費用についての情報でした。

ちなみに、マルタ留学費用のお話をすると、『その留学資金、一体どこから...?』というストレートなご質問を頂くことがあります。

仮想通貨で儲けた訳ではありません。笑


次回ブログでは、気になる留学資金の調達方法について少しご紹介致します。

怪しい儲け話ではございませんので、安心して読み進めて頂いて大丈夫です。笑



ブログの更新頻度が落ちているにもかかわらず、マルタ留学ブログランキングで継続1位となっていて驚きました。
下記の応援クリックをして下さっている皆様、いつもありがとうございます。



参考になりましたら応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ


プロフィール

【夫】31歳/デトックスの為、断酒中。

【妻】31歳/訳あって、私も断酒中。

【娘】2歳/パパとママが断酒中でも、私はアイス食べます!

📷Instagram でも最新情報を配信中!
Follow me ☞ @mama.malta
Related Entries


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply